ブログトップ

琉球古武術 本部御殿手「琉武館」 埼玉県朝霞市武道館

kobujutu.exblog.jp

本部御殿手(もとぶうどぅんでぃー)は、代々琉球王族・本部御殿に伝えられてきた武術です

道場を持つという事


琉武館にかれこれ15年在籍している片山修と申します。
鍼灸と接骨を仕事としておりまして、平成18年に地元群馬に開業する折、
まだまだ未熟者ではありますが、師の許しを得て一緒に道場を立ち上げました。

道場を持つという事は、自分の稽古の事だけを考えていれば良かった時とは違い、
本部御殿手を正しく伝えるという責任を背負うという事であります。

この点において私が一番難しいと感じたのは、この武術は最近まで
一子相伝だったため同時に複数人に教える際の体系立てた稽古内容が無い
という事でした。

武の思想は確固たるものがあるので、思想を正しく理解していれば
そこから技が出てくるので、一対一であれば全く問題ありません。

しかし、複数の初心者に指導するとなると、どうしても
段階ごとの指導内容が必要になってきます。

それで必要に迫られ試行錯誤を繰り返し、何とか一応の指導内容を作りました。
その甲斐あって、これに従い指導する事でレベルがまちまちの複数の人を
同時に教えられる様になり、武術はおろかスポーツすらやったことのない人でも
安全に学べるようになりました。

また、教わる側が今どのくらいのレベルなのか、技がかからない時
何が出来てないのかが分かるようになり、指導がとてもし易くなりました。

そして一番変化した事は、私自身も現在出来ないでいる技が、
一体何が悪いから出来ないのかが分かるようになった事と、琉武館で
師が技の説明や指導をする際、師が最も言いたい事=本部御殿手の思想が
僅かずつ理解できる様になった事です。

師は常々「将来は道場を持つ気概を持って稽古をしてください」と言われます。
師が言いたかった事はこの事なのかと感じております。

現在片山道場には小学生11人、大人9人が在籍しており、みんなそれぞれに
目標を持って稽古に励んでおります。

師に学んだ本部御殿手のすばらしさを正しく人に伝えるために、
またスポーツには無い武術の楽しさをたくさんの人に知ってもらうため、
何とか続けていく所存であります。

もし群馬に来られる事などありましたら、お気軽にお立ち寄り下さい。

片山道場 〒371-0835
     群馬県前橋市前箱田町45-19   TEL 027-225-5333

稽古日  水曜  素手     20:00~21:45
      金曜  武器     20:00~21:45
      土曜  小学生以下  17:45~19:30
[PR]
by kobujutu | 2010-02-09 11:51 | 片山道場記